2019 Release

KIM DONG RYUL (キム・ドンリュル)|"Brink Of Summer (여름의 끝자락)"徹底解剖!MV・歌詞・カナルビ・和訳まとめました

投稿日:

キム・ドンリュルの「Brink Of Summer」がリリース!

日本語ペラペラの韓国人である私が、「Brink Of Summer」の歌詞・カナルビ・和訳を徹底解説しちゃいます。最後まで楽しんでください〜!

【キム・ドンリュル】"Brink Of Summer"徹底解剖!MV・歌詞・カナルビ・和訳

濃い感性の持ち主。キム・ドンリュル(Kim Dong Ryul)。多数のヒット曲を持っていて、時間がたっても韓国人に愛せれてるアーティストの一人。

里奈ちゃん
オールドKpopが好きな人なら、一度聞いた覚えがあるかもしれないね!シンガーソングライター「キム・ドンリュル」が新しい曲をリリースしたよ!
管理人
「キム・ドンリュル」といえば、フルオーケストラと共演する、まるでクラシックのような大きな規模の曲が思い浮かぶけど、今回リリースした「夏の端っこ」は、ピアノと歌だけの小さな雑貨のような曲よ。

「Brink Of Summer」のMV

「Brink Of Summer」の歌詞・カナルビ・和訳

里奈ちゃん
ピンクの字がカナルビ、オレンジの字が和訳だよ!

더운 여름의 끝자락

トウン ヨルメ クチャラク

暑い夏の端っこ

매미들은 울어대고

メミドゥルン ウロテゴ

セミだちは泣いてる

느릿느릿 읽던 책 한 권 베고서

ヌリンヌリッ イクトン チェ カン グォン ペゴソ

のそっと読んでいた本一冊を枕にして

스르르 잠든다

スルル チャムトゥンダ

するりと眠る

내가 찾아간 그곳은

ネガ チャジャガン クゴスン

俺が探して行ったその場所は

꿈에서만 볼 수 있는

クメソマン ポル ス インヌン

夢だけで会える

아침이면 까마득히 다 잊혀질

アチミミョン カマドゥキ ダ イチョジル

朝になるとおぼろげに全て紛れる

아득히 먼 그곳

アドゥキ モン クゴッ

はるかに遠いところ

가물가물 일렁이는

カムルカムル イルロンイヌン

ちらちら猶予う

누구일까 애타게 떠올려 봐도

ヌグイルカ エタゲ トオルリョ バド

誰だろうか、思い浮かばせようとしても

무엇을 찾고 있는지

ムオスル チャコ インヌンチ

何を探しているのか

코끝이 시리다

コクチ シリダ

鼻先がツンとする

 

홀로 걷고 있는 이 길

ホルロ コッゴ インヌン イ キル

一人で歩いているこの道

어제처럼 선명한데

オジェチョロム ソンミョンハンデ

昨日のように鮮やかなのに

이 길 끝에 나를 기다릴 누군가

イ ギル クテ ナル キダリル ヌグンガ

この道の終わりに俺を待つ誰かが

마음이 급하다

マウミ クパダ

気を急かす

라라라라 읊조리면

ララララ ウプチョリミョン

らららら口ずさむと

어느샌가 겹쳐진 낯익은 노래

オヌセンガ キョプチョジン ナンイグン ノレ

いつの間にか重なる覚えのある歌

그 순간 눈은 떠지고

ク スンガン ヌヌン トジゴ

その瞬間目が覚めて

바람만 흐른다

パラムマン フルンダ

風だけが流れる

또 꿈이었나 멍하니 기지개를 켜다가

ト クミオンナ モンハニ キジゲル キョタガ

また夢か、ぼうっと伸びをしながら

젖어 있는 내 두 눈을 비빈다

チョジョ インヌン ネ トゥ ヌヌル ピビンダ

濡れている俺の目をこする

「Brink Of Summer」の感想

管理人
「ある夏の日、夢の中で知らないところを歩きながら何かを懐かしく感じる… 夢から目覚めて、また暑い夏の日常に戻る…」短編小説を読んだ気分だわ。
里奈ちゃん
美しい歌詞に丁寧な「キム・ドンリュル」の声。彼の感性をそのまま感じられる貴重な曲だったね!

-2019 Release

Copyright© Kpop BANK , 2020 All Rights Reserved.